ZENON SAKABA|ゼノンサカバ

about

吉祥寺で名物カフェとなった空間の漫画雑誌「CAFE ZENON」のオープンから早9年。
2018年11月、吉祥寺発の漫画出版社グループがJR高架下に新たに仕掛ける賑わいの場。今度は体験と出逢いがテーマのネオサカバです。食材は熊本から直送される希少なお肉を中心に旨いもんが勢揃い。お店の中は、炭火場やお酒の自販機、ちょい飲み屋台、食材や大鍋が並ぶ大カウンター、振り売りタイム等々、おとなの好奇心を刺激する美味しい仕掛けがいっぱいです。美味しいものに出逢いたい人はもちろん、何かを発表したい人、学びたい人、体験してみたい人、面白いことが好きな人……そんな人と人、人とモノコトが出逢い繋がる場を作りたい。
「続・空間の漫画雑誌」……ドキドキワクワクと笑い声がいっぱいの、新たな漫画雑誌作り的美味しい空間に是非ご期待ください!

  • ZENON SAKABA|ゼノンサカバで幻のお肉と出逢う!

    阿蘇あか牛噛めば噛むほど旨味溢れる柔らかな赤身の多さが特徴。適度な脂肪分とのバランスが最高な今話題のヘルシーなお肉です。阿蘇地域を中心に広大な草原で放牧され美味しい牧草をいっぱい食べて育ちました。生産数の少ない希少なお肉ですができるだけリーズナブルな価格でご用意しています。

  • ZENON SAKABA|ゼノンサカバで美味しい体験と出逢う!

    天草大王絶妙な歯ごたえとジューシーな肉質とコクが特徴の高級地鶏。その美味しさからかつては「博多の水炊き」用として珍重されていました。昭和初期に絶滅してから後、復元を望む声は絶えることがなく、8年もの歳月をかけ復元に成功した幻の鶏。名前負けしない大きさと美味しさを是非ご賞味ください。

  • ZENON SAKABA|ゼノンサカバで吉祥寺カルチャーで出逢う!

    あまくさ宝牧豚臭みの無い肉質と甘味すら感じる脂が特徴の宝牧豚は、温暖な気候と山海の自然に恵まれた天草最南端の「牛深」の生まれ。母豚を放牧することでストレスを無くし、泥遊びや水遊びをすることで自然の中から免疫力を高め、その母豚の授乳によって子豚へと免疫を移しています。抗生物質の投与なども一切していないこだわりは必食です。

event_show

ゼノンサカバには小さなステージがあり様々な催しが行われます。
吉祥寺には様々な劇団やミュージシャン、井の頭公園で表現する人たち、漫画家やイラストレーター、アニメの制作会社など……多くの才能(吉祥寺カルチャー)が溢れています。そんな表現者や発信者の皆さんに気軽にスペースを使ってもらえて、にぎわいの中で色んな出逢いがある……そんな場所を目指していきます。

プロアマ問いません。ジャンルも問いません。
ゼノンサカバのステージや2階スペースでのライブ、トークショー、ワークショップ、展示などイベント開催してくれる方を大募集中です!
お気軽にお問い合わせください。

map_info

吉祥寺 ZENON SAKABA
店舗名
吉祥寺 ZENON SAKABA
住所
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-11-1(カフェゼノンの隣り)
電話
0422-27-2275
営業時間
17:00~24:00
定休日
なし(年末年始休みあり)
12月23日(日)、24日(月)は臨時休業

contact

問い合わせの種別*
名前*
メールアドレス*
電話番号
問い合わせ内容*